2011年10月01日

大阪の元タクシー運転手が語る真実


おはようございます!

10月になりました。大阪はようやく涼しくなりました。

年々、秋が短くなっていってる気がするのは、ボクだけでしょうか
exclamation&question

シャツにジャケット、ブルゾンで過ごせる期間が短いようなカンジです。


この記事から読んで下さい・・・・・



主人が23区内のタクシー会社に30年程、勤めています。
恥を忍んで質問いたします。
先月12万、今月13万、これでも去年から比べたら、良い方です。
去年の年収手取りは、180万円ですので、市民税都民税も0です。

また、交通費は0円、退職金ありません。サラリーマンで言う、ボーナス、
ありません(ただし、給料に少し組み込まれてるとの事です)。
例えばある月の給与明細・・本給98600円、歩合給、乗務給、残業手当、
深夜手当て、総支給額176865円。  
控除: 健康保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険。(この合計で31720円)
所得税、損害保険、AVM、組合費、その他の控除合計は45618円で、
差引支給額131247円です。
60近くなり子供も独立して、夫婦二人の暮らしになり、やっと楽になると、
思っておりましたが、今どんなにやり繰りしても、生活費に最低20万程かかります。
稼ぎの良い妻を持ったタクシー仲間は、何人もが、離婚されて安い公営住宅に
一人住まいのようです。
家でも、生活費が足りませんので、離婚の危機も何度もありましたが、主人は
きちんと早朝、5時前に家を出て、駅までバス代の節約と言って、歩いて仕事に
行きます。仕事をサボる訳でもなく真面目に働き、体力的にも精神的にもきつい
仕事を睡眠や、食事時間も削りながら、もう60近い主人が頑張って働いてくれて
います。(家へ戻るのは朝の6時です。)

最低賃金制度と言うパンフレットを市役所で貰って来ましたので、
仕事に見合った
賃金を払わない会社がいけないのでは?と、尋ねましたが、タクシーの賃金制度は
違うと言います。真面目に一生懸命仕事をして来た主人が、何年が前までは定年に
なれば年金が23,4万円貰えると、それを頼りにしていました。

(私の友人達のご主人が定年になって、今貰っている年金額は15,6万円だそうで、
彼らはサラリーマン時代、給料は40万以上でしたので、今はとても苦しいそうです。)


タクシー業界の賃金制度は、みな、こんな物なのでしょうか?
会社が搾取しているように感じるのは、私の間違いでしょうか。
何か、前向きな言葉がありましたら、お教え下さい。


この記事は2007年の ( 今から4年前・・・ ) “ 教えてgoo”の質問

から引用させて頂きました。


4年前と言えば、まだ今よりは少しタクシー業界もマシでした。

ボクも過去の記事を見て頂ければ、ワカリますがそれなりの収入が
ありました。

しかし完全歩合制の世界がタクシー業界です。

給料明細はタテマエで基本給や手当の項目があるダケで、売り上げ

の40%〜60%が収入とゆうワケです。

売上げが少ないと歩合率が40%に減らされます。

逆に売上げがどんなに凄くても最高歩合率は60%に抑えられます。

( たまに65%まで出すタクシー会社もありますが・・・ )

なので基本、タクシー会社は絶対、損はしません・・・・・


大阪のタクシー情勢はワンコイン ( 初乗り500円 ) タクシーの

減少
でようやく、底が見えつつありますが、景気のワルさはまだまだ

続きます。かなり運転手はシンドイようです。



今日のオススメは、コチラ  左斜め下左斜め下左斜め下




posted by ヤンオヤジ at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 元タクシー運転手 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

元タクシー運転手の戯言Part.12


おはようございます!

台風12号は、近畿には直撃しませんでしたが
紀伊半島や兵庫西部に大きな爪あとを残しま
した。
(亡くなられた方に、ご冥福をお祈りします・・・)

昨日は、世界陸上の男子4×100mリレー
で、ジャマイカが、世界新で優勝、フィナーレ
と、なりました。


今日は、なでしこJAPANがオーストラリア
に挑みます。

スポーツの秋、目白押しデス!

さて
タクシー業界のウラバナシ・・・・・

正直、ドコまで書いてもよいやら・・・・・

少し、迷っています。


エピソードをボチボチ、書いた方がイイのか
ウワサ以上に、ホンマのコトを惜しみなく、
書くのがイイのか・・・・・

本、つまり書籍でも出ていないハナシは結構
あります・・・・・

ホンネを書かせて頂くと、コメントなどに

『 こんなハナシ、聞きたい 』

『 こんなコトって、本当? 』


と、ゆうようなリクエストを頂けたら、背中を
押してもらう意味で書けるのかもしれません


ちなみに

スグ書ける、ウラバナシは

 1: MKタクシーさんの相互監視システム

 2: タクシー運転手のゴマカシ方

 3: 大阪のタクシー業界の勢力争い
 
 4: 運転技術はプロに聞け!
 
 5: 最後の砦、運転手になろう


 
GO!の気持ちになれば、上の5項目は
記事UPできます。

良ければ、コメントお願いします。

参考までに、下記に動画、関連の本を紹介します。












posted by ヤンオヤジ at 10:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 元タクシー運転手 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  ボーナスあるヒトもないヒトも欲しいモノ は安く買う、コレが大事!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。